就業環境に不満が出てきて良い環境を求めて転職を繰り返す。
そんな看護師さんが多いのが現実です。

転職の失敗は繰り返したくないものです。
あなたにピッタリの理想の職場で輝いて働いてみませんか。

より良い職場で働くため、また同じ失敗を繰り返さないためにも、
まず始めに、看護師の転職でよくある失敗例をおさらいしておきましょう。


ハローワークや看護師職安では、求人情報を得て気になるところに面接の申し込みをしました。 アポイントは職員の方が取ってくれます。

しかし、その後のフォローはまったくありませんので
履歴書の書き方や面接に対しての不安を抱えたまま、面接を受けます。

面接時には、自分の希望する条件を、病院側にうまく伝えることが
出来ないまま就職するので、実際働き始めて不満が出てくることもあります。

また、その病院自体が、あまり働く職場としては評判の良くない病院で、
看護師さんの離職率が高かった・・・という可能性もあります。


知人の紹介で就職できたのは楽で良かったけれど、
当初聞いていた勤務条件とかけ離れていました。

しかし紹介者の顔に泥を塗るわけにもいかなく、
不満を抱えながらもズルズルと働き続けました。

入るのは簡単でしたが、辞めるにはそれなりの理由を用意しなければなりません。

結局ストレスで体調を壊してしまい、働くことが出来なくなったので
退職しました。

では、どうすると転職に失敗しないのか?

上記のような失敗を繰り返さない為には、
今までの就職方法を変えてみることをおススメします。



不安に思ったことや疑問を、看護師転職プロのコンサルタントに相談します。

転職サイトを利用する一番の魅力とは
病院側と労働条件の交渉を、担当コンサルタントにしてもらえることです。


今までの転職方法では中々言えなかった給与のことも、
コンサルタントを通じてなので言いやすいですね。

看護師の転職サイトは複数ありますが、
多くの看護師さんに実際に選ばれている、人気のある3社を厳選しました。

転職サイトによって持っている求人案件は違うので、
あなたの希望条件により近い求人を探すために、3社全てに登録しておくことをオススメします。

どのサイトも登録料は無料ですので、とりあえず登録だけしておくのが◎。

厳選3社! 看護師求人サイト人気ランキング最新版(2014年6月更新)

1位 看護のお仕事 ← サポート力で選ぶならココ

毎月21万人の看護師さんが利用中!

全国13万件以上の医療機関求人情報有り。給与・夜勤回数・休日などの待遇を、コンサルタントがあなたの代わりに病院側と交渉してくれます。就職するまでトコトン面倒を見てくれる!最大5万円の転職支援金一括支給。

詳細はこちらから公式はこちらから

 

2位 ディップ ナースではたらこ ← 満足度で選ぶならココ

転職した方にもれなく最大10万円のプレゼントキャンペーン中!

業界最大級の9万件の医療機関情報あり。たくさんの情報の中から、あなたが希望する条件で選ぶことができます。2012年看護師人材紹介満足度1位(楽天リサーチ調べ) ネットで検索しても出てくることはない、実際の職場の詳しい情報なども聞くことができます。

詳細はこちらから公式はこちらから

 

3位 ナース人材バンク ← 紹介実績で選ぶならココ

非公開求人の掘り出し情報が盛りだくさん!

給与額交渉(年収UP)・勤務時間の交渉・お悩み相談も専門のコンサルタントに全ておまかせ!忙しくて時間がとれない方も、あなたの希望に合わせた求人探しや面接の設定まで、新しい職場への入職まで全てサポートしてもらえるから、ラクラク転職!

詳細はこちらから公式はこちらから

 



看護師転職サイトは、↑の3社以外にもたくさんありますが、
中でも人気のあるこの3社に登録しておけば、問題ないでしょう。
3社全ての無料登録をしても合計約5分で完了できます。

5分で好条件の職場に転職できる可能性を大幅にUPさせることができるんです。
ぜひ3社全部に登録しておいて、その中からご希望の職場を選ぶようにしましょう。


札幌(北海道)青森
岩手仙台(宮城)
秋田山形福島
茨城栃木群馬
埼玉千葉
東京横浜(神奈川)
新潟富山石川
福井山梨長野
岐阜静岡三重
名古屋(愛知)
滋賀京都
大阪神戸(兵庫)
奈良和歌山
鳥取島根
岡山広島山口
徳島香川
愛媛高知
福岡佐賀
長崎熊本大分
宮崎鹿児島
沖縄

↓ 当サイトの人気ページをチェック!




↓ 転職活動の様子・お仕事の悩み・学生時代の実習についてなど。




↑の「実録!」のコーナーでは、当サイト管理人の高校時代の同級生の看護師さんに、
生々しい情報を提供してもらっています。

彼女は、独身の頃はバリバリ看護師さんとして働いていて、
現在は結婚・出産をして、看護の仕事はしていません。

ですが、子育ても一段落しそうな今日この頃、また看護師として働きたいと思っているようです。
これと似たような状況の方(潜在看護師さん)は日本全国にかなり大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

・主婦の再就職活動の記録
・バリバリ働いてた頃の仕事の様子
・学生時代の実習の話
・友人ナースの転職の話
・看護師の資格・ライフスタイルの話

などなど、様々なことを書いてもらっています。
彼女、かなり頭がいい子です。文章も読みやすいです。

転職活動・就職活動の参考になる部分や、
「こういう悩みを持って看護師の仕事してる人も世の中にはいるんだなぁ・・・」
と共感してもらえるような部分もあるかと思っています。

気楽な読み物として、お時間ある時にでも読んでもらえたら嬉しく思います♪

そして、彼女に特別監修をしてもらった看護師が主人公の小説が以下です。
看護師経験者にしか分からない部分を監修していただきました。


↓ 看護師ミステリー小説「耳たぶを看護させて」全話 好評公開中。




求人探しの合間の息抜きにぜひ♪

>>「耳たぶを看護させて」を読んでみる方はコチラ

<小説の著者より>
「まさか小説をほとんど読まない自分が小説を書くことになるとは・・・」
ある朝ふと気づくと、耳たぶに大きなニキビができていました。
1週間たっても治らない。
「医者へ行ったほうがいいのかな?・・・」
とその時、この小説のあらすじを思いつきました。


↓ 紹介実績ナンバー1!当サイトからの利用も最も多い看護師転職サイト


看護師さん向けの転職支援サービスはたくさんありますが、
中でも利用者数が多いのが「ナース人材バンク」です。

紹介実績ナンバー1で、人気の非公開求人を紹介してもらえます。
当サイトからの利用も最も多い看護師転職サイトです。

>>ナース人材バンクの詳細はコチラ


転職サイトは1個だけ登録しとけばOK?


あなたの希望に少しでも近い優良な看護師求人を見つけたいのであれば、
最低3つは登録しておき、転職に備えておきたいところです。

看護師転職サービスによって、取り扱う求人情報はもちろん違いますし、
担当のコンサルタントとあなたの相性という問題もあります。

最初から1つに絞るというより、複数登録しておいて、
その中から良い求人を選ぶほうが賢いと思います。

看護師転職サービスの登録は、無料のところばかりなので、
登録して損をするということはありませんからね♪

詳しくは、
看護師転職・求人サイトは複数登録するべき?
のページも参考にしてみてくださいね♪

複数の看護師転職サービスに登録する際、1つ注意したい点としては、
希望に合わないと思った求人を紹介してもらった場合には、
はっきりと断っておくのが重要ポイントです。

他の人材紹介サービスも使っているわけですから、
時には、はっきりと断る勇気も必要になってきます。

↑看護師求人サイト人気ランキング最新版 へ戻る


看護師転職を成功させるポイント


看護師の求人は他の職種と比べても多く、転職を希望する場合
何を基準に選んだらよいのか悩んでしまう方も少なくないと思います。

転職を成功させるためのポイントを探してみましょう。

看護師としてこれから自分がどうなりたいのか、という将来像をしっかり持つことが大事。


看護師を目指した時点で、自分の将来に対し何かしらの夢や、
なりたい又は憧れの看護師像を持っている方は少なくないと思います。

転職をし新しい病院で、好条件の中勤務出来るようになったとしても、
看護師としてのやる気がそこに無ければ、また不満が出てくる原因の一つになります。

転職を成功させるためのポイントの1つとして、将来の自分のビジョンをしっかり持つことが大切。

勤務していく上で、自分が譲れない条件は何かを出す


看護師の仕事を長く続けていく上でやる気が一番大事ですが、
やる気だけで勤まらないのが看護師の仕事。

やる気を保つためには、仕事だけでなくプライベートも充実させることが大切です。

勤務時間や、夜勤の回数、給料、福利厚生といった雇用条件をしっかり確認し、
看護師の仕事をしていく上で譲れないもの・条件をいくつか挙げてみましょう。

職場の雰囲気・離職率や年齢層の確認


やる気や条件が揃っていても、人間関係が上手くいっていない所では長く働くことは難しくなります。

転職前に病院見学を行なっているところは積極的に参加する事をオススメしますが、
すべての病院で見学出来るわけではありません。

その場合、職場の雰囲気を知るのに離職率やスタッフの年齢層を確認してみましょう。
離職率が少ないという事は、職場環境が良いという事にも繋がりますし、
スタッフの年齢層が幅広くバランスが良い病院なども職場環境が良いと思われます。

逆に、若いスタッフばかりの病院は危険。

必ずしもそうではありませんが、職場の雰囲気が悪く
スタッフの入れ替わりが激しい病院は年齢層が低くなる傾向があるようです。

上記に上げた事は、あくまでも転職を成功させるためのポイントの1つ。

看護師は現在、どの病院も不足している状態から求人数も多く、
自分の条件に合わなければ転職・・・を繰り返ししやすい環境の中にあります。

ですが仕事とは、看護師に限らず自分の希望を全て通して働くという事は不可能。
誰でも不満を1つは持ちつつも働いています。
転職を成功させ長く働くためには、少しの我慢も必要かもしれませんね。


老人福祉施設で働く看護師


看護師の仕事は、病院勤務以外にもいくつかあります。
その中の一つが、老人福祉施設での仕事。

今の日本は高齢化社会が進み、老人福祉施設の数も年々増えています。
そんな、老人福祉施設で働く看護師について見てみたいと思います。

老人福祉施設は、リハビリを中心とした治療や介護を行うことで、
在宅復帰を目指している高齢者の方が入居・利用される施設。

病院のような体調不良を訴えてみえる方や医師の指示に基づく診療の補助など、
医療行為を行うことは利用者が急変されることがない限りまずありません。

看護師=医療行為。
と連想してしまいますが、老人福祉施設での看護師の仕事・役割は、施設利用者の健康管理。
健康管理をすることで利用者が在宅復帰できるようサポートすることです。

健康状態を把握するためには、バイタルチェックを始めとする医療行為以外に、
利用者一人ひとりとじっくり向き合い、少しの変化も見落とさないことが大切。

老人福祉施設での仕事は、ゆったりとした時間の中で高齢者の方に
じっくり向き合いながらの仕事なので、病院のような慌ただしい忙しさはありません。

急性期などを経験されてきた方の中には、少し物足りなさを感じる人もいるようです。

また、老人福祉施設での勤務は病院勤務に比べて、
残業や夜勤も少なく仕事と家庭の両立を比較的させやすい職場でもあります。

現に、老人福祉施設に転職・就職されている看護師の多くは、
仕事と家庭との両立をしている方が多くみえます。

病院勤務のようなスキルアップは難し環境かもしれませんが、やりがいのある職場ではあります。

高齢者の方のお世話が好きな方や、看護の仕事と家庭との両立、
小さい子供の育児との両立をしたい方には良い職場ではないでしょうか。


訪問看護で働く看護師


訪問看護とは、文字通り看護師が患者の自宅に訪問し看護すること。
病気や障害を抱えた方の中には、病院での入院・治療ではなく
住み慣れた環境・家族とともに生活したいと望む人は少なくありません。

そんな、自宅療養を希望する方のケアを訪問看護師は行っています。
訪問看護師の仕事・役割には次のようなものがあります。

・かかりつけの医師の指導に基づく医療処置。
・バイタルチェックを通して、患者の健康状態観察。
・身体の清拭・入浴や食事などの療養上のお世話。
・人工呼吸器など医療機器の管理。
・リハビリが必要な方には、リハビリの指導。
・患者の家族に介護方法や指導
・家族からの相談・アドバイス

など、その他にも訪問看護師の仕事・役割はいくつかあります。

そんな訪問看護師として働くのには、決まった基準はないようです。
看護師としての免許があればそれだけで訪問看護師として働くことができます。

ですが訪問看護師は病院勤務の看護師と違って、
一人で患者さんの家に伺い、すべてを一人で対応しなくては行けません。

訪問看護師として働くには看護師免許を取ったばかりの新人さんでも
なろうと思えばなれますが、患者さんは軽症の方からターミナルの方まで様々。

訪問中に患者さんが急変、もしもの事があった時に
看護師の経験だけでなく素早く判断・対応ができるか重要です。

そんな理由から、現在訪問看護師として働いている人の多くは、
臨床経験が3から5年ほどある方や、内科をはじめとする多くの科で
経験を積んできている看護師がほとんど。

また訪問看護師は、基本は日勤のみでの仕事ですが、勤務先によっては
患者様の急変などで夜間の呼び出しを対応しているところもあるようです。

訪問看護師は、看護師の経験だけでなく判断力・対応力が必要な仕事。
高齢者が多くなることで、在宅療養を必要とする方は増えています。

訪問看護師の仕事は、病院勤務の看護師より大変なことも多いかと思いますが、
自信のスキルアップが目指せるやりがいのある仕事でもあります。
そんな訪問看護師、目指してみませんか。

↑看護師求人サイト人気ランキング最新版 へ戻る



最新の更新情報


2014年6月2日 トップページを更新。



転職関係のブックマーク


公益社団法人日本看護協会
転職ならDODA(デューダ)
ITエンジニア求人・転職ガイド